シベリアンハスキーのトイレのしつけ方を詳しく解説しています。

TOP > 関連ページ > トイレについて

シベリアンハスキーのしつけサイト

トイレのしつけ方

シベリアンハスキーのトイレのしつけは子犬の時期からスタートするのが基本です。

まずはじめに教えるという飼い主さんも多く、他には噛み癖や無駄吠えなども大事なしつけですが、粗相をされてしまうと最もやっかいですし、室内が汚れてしまうと他のしつけもなかなかできませんので、まずトイレのしつけからスタートさせることです。

例えば1つの方法として、まず迎える前からサークルを用意します。その中に1週間程度入れておいて出さないようにします。またサークルには仕切りを設置して、ペットシーツを置き、隅っこに設置するのもコツです。

サークルに入れてしまうと何となく落ちつかないだろうとか、かわいそうという方も多いようですが、犬は元来狭い場所を好んで生活しますので、狭いほうが返って安心できます。

またトイレの場所は自分が気に入ったところにするのが犬の本能ですので、サークルには2つのトイレシーツエリアを設け、はじめはどちらにもすると思いますが、そのうちに偏ってきますので、そちらをトイレにして、もう片方は食事する場所にするというのも方法です。

食事の場所とトイレを離すことが清潔なシベリアンハスキーにとっては理想的です。その後トイレをしたい場合はサークルに入っていくようになるはずですが、なかなか慣れないような場合もあります。

もし室内に粗相をしてしまったら、叱ったりしないでそそくさと片付けることも大切です。またシベリアンハスキーが見ていない時に消臭スプレーをすると同じ場所にしなくなります。

中には室内でもマーキングをするように高い位置から家具などにおしっこをする例もありますが、縄張り意識がまだある状態ですので、飼い主さんのことをしっかりしたリーダーであると認識していない可能性が高いと言えます。

まず主従関係をはっきり自覚させるとマーキングもしなくなりますし、トイレのしつけについても捗ってくるはずです。トイレを覚えれば飼い主さんとしてもひと段落ですので、最初の試練と思って頑張って乗り切っていってください。

もしあなたが、トイレのしつけで苦労しているのであれば、当サイトでは下記でご紹介しているしつけ教材をお薦め致します。

下記でご紹介している先生方は、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも数少ない優秀なドックトレーナーです。

ご紹介している先生方のしつけ方法をしっかりと実践することができれば、短期間であなたの言うことを素直に聞くハスキーになるはずです。

教材の詳細は下記よりご覧になれますので、トイレのしつけで悩んでいる飼い主の方は、一度詳細を確認してみてください。