シベリアンハスキーの噛み癖のしつけ方法はあるコツを掴むことが大事です。

TOP > 関連ページ > 噛み癖について

シベリアンハスキーのしつけサイト

噛み癖のしつけ方

シベリアンハスキーの噛み癖で悩んでいる飼い主さんは、何故もっと早くからしつけなかったのかと後悔されている方が多いようですが、やはり子犬のうちからしつけることは基本です。

特に噛み癖や無駄吠えなどは子犬のうちにしつけておかないと、成犬になってからではなかなか矯正できなくなります。

基本的にはプロのトレーナーに頼んでやっと治るかどうか、という程度ですし、飼い主さんがもっとコミュニケーションを上手に使えるようにならないと、なかなか治すことは難しくなります。

無駄吠えとは違って噛み癖が出ると他人にも怪我をさせてしまうこともあります。また大抵の噛み癖は攻撃的になっているからではなく、興奮してしまって噛んだり、何かに驚いて噛むようなこともありますし、飼い主さんと遊んでいる時にじゃらけて噛むこともあります。

また子犬のうち親犬から離されるのが早いと親犬からのしつけも受けていません。親犬がするように噛み返せばいいかというと人間が噛むわけにもいきません。

例えば手を噛まれた時にそのまま喉の奥に突っ込むように入れてしまうとかなり効果的です。つまりシベリアンハスキーのほうが苦しくなって噛むことをしなくなります。

フードを食べている時に身体に触ると噛みついてしまうタイプもいますが、しつけの基本としてタッチングをしっかり教えておくことも大切です。シベリアンハスキーを横にした状態でどこにタッチしても吠えたり噛んだりしないようにしておくことです。

また噛んだ時に大声を出したりすると飼い主さんが喜んでいると勘違いします。その後も噛むと喜ぶと思ってどんどんエスカレートしますので、顔の表情をゆがめたり、痛い!といったり痛みを教えることが大事です。

迎えて間もなく歯が生え変わりの時期になると、口がむずがゆくなってそれを抑えようと噛むこともあります。この時もまだ力もありませんので、口の中に手を突っ込むなり、痛みを教えるなりして教えておくことが必要です。

もしあなたのシベリアンハスキーが、成犬になっても噛み癖をなかなか止めないと困っているのであれば、当サイトでお薦めしている下記のしつけ教材を一度実践してみることをお薦め致します。

成犬になるとしつけはとても難しく、一般の方ではなかなか対処することができなくなります。しかし、この教材を学び実践することができれば、短期間であなたの言うことを素直に聞くハスキーにすることが可能になります。

教材の詳細は下記よりご覧頂けますので、噛み癖に留まらずその他のしつけで困っている飼い主の方は、今すぐ詳細を確認してみてください。きっと、この教材があなたのハスキーをお利口にする第一歩になるはずです。