シベリアンハスキーのお手入れ方法やシャンプーのやり方を知りたい方はこちらへ。

TOP > 関連ページ > お手入れ方法やシャンプー

シベリアンハスキーのしつけサイト

お手入れ方法やシャンプー

シベリアンハスキーのお手入れ方法として、まず被毛の手入れですが、1週間に1回の頻度でブラッシングをしてあげることが大切です。

また年に2回毛が抜け変わる時期が来ますので、この時期はほぼ毎日のブラッシングが必要になります。

本当に思わぬように大量に抜けますから、ケアしないと室内もたくさん毛が溜まって大変ですし、
毛を放置してしまうと皮膚疾患を発症しやすくなります。

また普段からトリミングをまめにするようなことは必要ありませんので、定期的にトリマーさんに任せても費用はそれほどかかりません。

また身体の汚れについては他の犬より活発ではしゃぎまわることも多いため、飼い主さんが知らないうちにかなり汚れていた、などということもあります。

ブラッシングやホットタオルなどでケアしても落ちないような場合はシャンプーをすることになりますが、過度なシャンプーはきれいにするばかりか皮膚にも逆効果ですので、上手く慣らして汚れないようにすることも大切です。

シャンプーの頻度は月に2回程度を目安にします。体温と同じ程度の温めのお湯でお尻からかけていき、頭部は手にシャンプーを取って薄め、目や耳などに入らないように丁寧に汚れを落します。

もちろんトリマーさんに処理してもらうのもよい方法です。まだ方法がしっかり身についていないような場合もトリマーさんが便利ですし、肛門絞りの方法についても詳しく教えてもらえます。

他には爪のケアですが、肉球よりも爪が地面に突くのが早いようになったら、そそくさと切ってしまうのが理想的です。散歩などでも注意すると爪がこするような音がすると思います。

肉球からはみ出た部分を丁寧に切り、また犬は爪にも血管がありますが、はみ出ている程度であれば問題ないと思います。

やすりで成型するとより歩きやすくなりますし、爪の切り方がおかしいと歩き方もおぼつかなくなって、骨の健康にもよくありませんので、定期的に処置するように心掛けてください。