シベリアンハスキーの飼い方や育て方は少し難しいところがあります。

TOP > 関連ページ > 飼い方や育て方

シベリアンハスキーのしつけサイト

育て方や飼い方

シベリアンハスキーは自由奔放に遊びまわるタイプで、独立心も強く、また暑さを除けば色々な環境にマッチする犬としても人気です。

つまり暑さについては極寒のシベリア生まれの犬ですから相当に応えますが、冬場では寒さなど何のそのという感じで番犬的役目をこなしてくれますし、基本は外飼いにして寝起きは室内にするなど、色々な飼い方ができます。

また室外で飼う時に気になるのが性格や病気、寿命についてですが、まず犬舎にずっと入れておく場合は、性格的な面で魅力の薄い犬になってしまいがちです。

つまり飼い主さんとのコミュニケーションやスキンシップについても取りずらい環境ですし、人と接する時のコツも掴めずに服従するだけの犬にもなりがちです。

また病気についても外気に触れていると室内よりかかる確率が増しますし、寿命もそれだけ短くなってしまいます。

このようなことからシベリアンハスキーを飼うときは、基本室内のほうが適していると言えますし、断定するわけではありませんが、飼い主さんの希望である場合も犬舎の環境にも気を配ることが大切です。

また室外で番犬として、という目的が1つの場合もはしゃいでしまうだけのシベリアンハスキーにはそぐわない目的と言えます。

また多くの飼い主さんが気になる体臭についても、シベリアンハスキーの場合は気にしなくてよく、寒い地方にいた犬として匂いがないことも室内飼いの決め手だったという方も多いようです。

他には無駄吠えも少なく、じっと寒さに耐えているような感じで大人しい犬です。もちろん個体差はありますので、ブリーダーさんにもしっかり確認してから入手することは大切です。

またシベリアンハスキーの育て方の基本は、主従関係をしっかりと築きながらしつけをしっかり教えることですし、運動も日頃からしっかりさせてあげることが大切です。トイレや噛み癖、また迎えたばかりの頃の夜鳴き、そして散歩の時には拾い食いもよくある行動です。

シベリアンハスキーはリーダーシップをしっかりととっておけば必ずといっていいほど言うことを聞いてくれますが、逆になると何も言うことを聞かなくなることがありますので、子犬の頃からしっかりとしつけ、主従関係を築くことがとても大事です。

もしあなたが、シベリアンハスキーのしつけで困っていることがあれば、当サイトでお薦めしている下記のしつけ教材を実践することがお薦めです。

お薦めしているしつけ教材を学び実践すれば、どんなに言うことを聞かないシベリアンハスキーでも、数日であなたの言うことを聞く、お利口なシベリアンハスキーに生まれ変わります。

教材の詳細は下記より確認することができますので、シベリアンハスキーのしつけで困っている飼い主の方は、一度内容を確認することをお薦め致します。